ラベンダーヒルの店主の増子(マシコ)ともうします。

マッサージベッドを長年ご愛用いただいているお客様から2010年頃より増えているご質問について、対処方法をご案内させていただきます。

マッサージベッドのマットの張地の(ビニールレザー)劣化についてです。

ポリウレタン(PU)をマット表面のビニール素材に使用されたマッサージテーブルは経年劣化をすると、下のようになります。
左は2010年製造のアースライトのスピリット 右は2006年製造のインナーストレンクスのE2です。


下の写真は、2006年ぐらいからアースライト社製のスピリット、アバロンなどのグレードの折畳み式のマッサージベッドのマットのビニールとして採用されたNatural Softとメーカーによって呼ばれているPU(ポリウレタン)製のビニールレザーの見本です。

写真のように経年劣化で、表面のウレタンコーティング部分が、ベトベトとべとつくような手触りになったり、ひび割れたり、ぼろぼろに剥がれ落ちたりしてしまうことがあります。
施術中の汗、オイルやジェルなどが付いたまま放っておいたり、エタノールなどの揮発性溶剤でビニール部分を拭いたり、汚れ落としのために水拭きした後の乾拭きが不十分だったり、高温多湿のクローゼットや押し入れの中に長期間しまいっぱなしにしていたり、直射日光があたる場所に置いておいたりと、保管環境や使用状況が悪いと、ビニールレザーの期待できる耐久性の期間内であってもより早く劣化が起こりやすくなります。

この劣化現象は、加水分解(ハイドロリシス 英語:Hydororysis)と呼ばれており、マッサージベッドに限らず、同じポリウレタン製のスニーカー、洋服、バッグなどの製品でも起こる現象です。

マッサージベッドの張地、合皮のお手入れについてのご注意は、当社のブログにも以前から書かせて頂いておりますが(参照:マッサージベッドのお手入れ)大切にご使用いただいていても、ご愛用の上の経年劣化でどうしても傷んでくる場合がございます。

本来であれば、販売するお店が材料のビニールレザー生地の加水分解に対する耐久性(ジャングル試験という耐久性テストをきちんとした材料メーカーであれば行ています)をきちんとお客様に明示、説明して販売すべきですが、現在のインターネットを中心としたただ安ければよい!という風潮の中では、残念ながらそれが行われていないのが実情です。 販売している会社の規模が上場会社であっても加水分解に対する耐久性が2年ほどなのに、なぜか”最高級PUレザー”などと説明付で販売されています。マッサージベッド同じようなと家具にもビニールレザーは多く使われていますが、お値〇〇以上!で有名なお店でさえ、加水分解に対する耐久性の明示なく販売されている実情は、ただただ悲しいばかりです。

●予防策として・・・・
ご使用の際はオイルなどが浸透しにくいよう専用のシーツや紙シーツをかけてのご使用いただく。
可能な限り湿気の少ない場所で使用・保管する。

●年数が経って、新品に買い換えるか、劣化したビニールレザーを張替へしないといけなくなってしまったら・・・

新品に買い換える場合は、材料の耐久性を含め製品の本当の品質をきちんと説明しているお店で、納得のいくものを購入する。

生地の張替えでとお考えの場合は、マッサージベッドの構造や製品特性を熟知した専門の業者に張替えを依頼されるのがよろしいかと思います。 みなさんのお住まいのお近くの椅子の張替業者さんで張替をしてくれるところもあるかもしれませんが、椅子の張替とマッサージベッドの張替は、張地の張り加減、ステープルの打ち方などが異なりますので、ご注意の上、張替を頼む業者さんを吟味する必要が出てきます。

また、あまり低価格の張替業者さんに依頼すると修理の結果にがっかりする場合もありますので、ご注意下さい。

●使用しない時の保管についてご注意・・・・
定期的に換気をして、湿度が高い状態が続かないようにする。

また、水ぶきやアルコールでの拭き掃除はレザーの加水分解を促し劣化をより進行させてしまい、逆効果になる場合がございますのでご注意ください。

スクールの先生がエタノールで消毒しているから同じようにしているとおっしゃるセラピストさんがいらっしゃいますが、先生もマッサージベッドの素材につて詳しい方はあまりいらっしゃいません。
PUを使用したマッサージベッドの水やアルコールでのお手入れは厳禁です。 ご注意下さい。

お買い上げからご使用の現在までの経年、ご使用状況、使用環境などでお手持ちのベッドも変わってきます。
マッサージベッドの気になる事、ご質問等ございましたら、ラベンダーヒルまでお電話でお問い合わせくださいませ。